【必見】雑木の庭づくりを演出する/おすすめ庭木ランキングTOP10

完全に私の独断と偏見ですが,雑木風の庭を目指している我が家に実際に植えている20本程の庭木の中から10本を選んでランキング形式で紹介します。

我が家は,少しオーバーかもしれませんが軽井沢の別荘地のような自然な佇ずまいの庭を目指しています。

特に,樹形の美しさ・雑木風・秋の紅葉が綺麗・なるべくご近所さんとかぶらないということに重きをおいて庭木を選んでいます。

これから雑木風の庭づくりを目指している人の参考になればと思います。

第10位 ベニバナトキワマンサク

冬でも葉を落とさない貴重な常緑樹です。和風の感じを出すのに向いていると思います。春には 紅色の花を木いっぱいに咲かせます。流通量も多く,値段も安いので手にいれやすいと思います。成長が早く,樹形は少し乱れるので年に1回くらいは,剪定が必要かもしれません。我が家では,バックの桜島とベニバナトキワマンサクの和風な感じが見事に調和しています。

f:id:yumi0731:20180531221423j:plain

第9位 シラカシ

こちらも貴重な常緑樹です。葉に黒い点のカビが生える黒点病という病気にかかってしまい,冬の間にほとんどちぎったのですが,春に銅色の新芽を出して見事に復活してくれました。葉は細長く,小ぶりで黄緑色です。樹形はすらっとしていて,秋にどんぐりができるのも特徴です。我が家では右隣りにあるイロハモミジの良い引き立て役となっています。

f:id:yumi0731:20180531220153j:plain

第8位 ソヨゴ

成長が遅く葉が小さくてさわやかな感じから人気の高いソヨゴ。成長が遅いため値段もやや高めです。10月から11月の庭が寂しくなってくる時期に赤い実をつけ存在感をはなっていました。写真を見て気付かれるかと思いますが,上のシラカシとともに黒点病という病気にかかってしまった我が家のソヨゴ。地面近くの葉が少ないのが分かるかと思います。冬に病気にかかった葉をちぎり取るのが遅かったからか一部しか新芽を出してくれませんでした。もともとポテンシャルの高い木なので,来年の春に期待しています。

f:id:yumi0731:20180531221828j:plain

第7位 ヒメシャラ

何といっても日本三大美幹に選ばれるだけあって,赤い幹肌が美しいヒメシャラ。その美しい幹肌と樹形で冬も楽しませてくれます。非常に整った樹形と春には小さなかわいらしい新芽をつけることから,少し洋風な庭にも合うと思いますし,女性受けする木かなと思います。初夏に花が咲くと聞いていたのですが,我が家は鹿児島で少し暑いのもあってか,5月下旬には白い小さな花を咲かせました。花は想像していたよりも小さく控えめで,噂どおり次から次へと咲き,あまり長くはもたずに落ちてしまいます。

f:id:yumi0731:20180531222355j:plain

第6位 ハウチワカエデ

我が家では,イロハモミジを先に植えていたので,紅葉の綺麗な木をもう1本ということでこのハウチワカエデを選びました。白い幹肌で雑木の感じを出してくれます。幹肌と樹形が美しいので,冬にも時間を忘れてうっとりと眺めてしまいました。葉はイロハモミジと比べると大きくて,切れ込みも浅く存在感があります。今年の秋の紅葉が楽しみです。

f:id:yumi0731:20180531222939j:plain

 第5位 ナツハゼ

我が家のナツハゼは絶妙な樹形で雑木の感じをかなり出してくれます。そして,落葉樹なのですが,春の新芽がオレンジがかった赤でひと際目立っていました。成長はやや早いですが,1m~2mで止まるようであまり大きくなりません。実が初夏にできはじめ,9月から10月頃に熟します。日本のブルーベリーとも呼ばれているそうです。我が家では,隣にある背が高く上のほうに葉をつけているアオダモとこの背の低いナツハゼが非常にマッチしています。

f:id:yumi0731:20180531223537j:plain

第4位 シラキ

シラキは落葉樹で,成長が早く,値段もやや安いほうです。その魅力は「シラキ」という名前の通り白い幹肌です。樹形も自然に整い,葉を落とす冬には一際存在感を放っています。春の新芽も美しく,秋には黄葉してから紅葉します。そして,葉によって紅葉のタイミングが異なるため様々なグラデーションが楽しめます。我が家のシラキは庭木屋さんが植えていった木の1つなのですが,最初は「なんて地味な木を。」「どうせ売れ残りかなんかの木でしょ。」と思っていたのですが,1年見る中でとても見直した木です。冬の美しさは絶品なので,雑木の庭づくりを目指している人はぜひ植えてみてください。

f:id:yumi0731:20180531223955j:plain

第3位 ハイノキ

常緑樹の中でも葉が小さくさわやかな感じな庭木は,シマトネリコ・ソヨゴ・ハイノキくらいしかありません。シマトネリコはご近所さんが3件に2件くらいの割合で植えているのと成長が早く家より目立ってしまっている巨大化したシマトネリコを目にしたこともあってやめてハイノキを購入して植えました。このハイノキは本当に成長が遅く1年間ほとんど見た目が変わらず,安定感抜群の木です。5月初旬に白い花をつけますが,近くで見ないと分からない程なので,花にはあまり期待しないほうが良いです。流通量が少なく,値段は高めですが,成長が非常に遅いため,ある程度大きいものを購入されたほうが良いと思います。半日陰くらいで育てるほうが良いそうで,我が家もそうしています。

f:id:yumi0731:20180531224223j:plain

第2位 イロハモミジ

第2位は,定番のイロハモミジです。落葉樹で春にさわやかな新芽をつけ,秋に紅葉し,冬に散ります。成長は早く,樹形はある程度自然に整いますが,大きくなります。流通量も多く,値段は普通です。秋の紅葉はどの木よりも見事で庭に1本は植えて間違いない木だと思います。我が家は和室の窓から見えるように植えています。お風呂や和室から見える坪庭には,イロハモミジははずせないと思います。

f:id:yumi0731:20180531224747j:plain

第1位 アオダモ

雑木の庭づくりを演出するおすすめ庭木ランキング堂々第1位は,アオダモです。1番の魅力は白と灰色のしましま模様の幹肌です。この幹肌を見ていると山の中にいるような気がして,気持ちが和らぎます。樹形はひょろとしているのですが,あまり主張しない感じが家をよく引き立てます。雑木の庭の感じを出すために,背の高いアオダモを1件の庭に3本とか使う造園屋さんもいます。そこに前から生えていたような自然な雑木の庭の感じを出したいなら,1番人気でおすすめの木です。

f:id:yumi0731:20180531225149j:plain

以上,雑木の庭づくりを演出する/おすすめ庭木ランキングTOP10でした。

他にも,TOP10外でおすすめなのが

ヤマボウシ(木にいっぱいにつける花も存在感があり,樹形がきれいなものが多い)

エゴノキ(ピンクチャイムというピンクの花が咲く品種がおすすめ)

・出猩々モミジ(ノムラモミジよりも赤いもみじ)

・ブルーベリー(低木の分類に入るのかもしれませんが)

などの庭木です。

あと,購入して見たけど逆に雑木の庭づくりには,ちょっと合わないなと思って,裏スペースに植えているのが

・ハナミズキ(洋風の庭には合うと思います。樹形などが雑木感に欠ける。普通の山にはハナミズキ生えてないですよね。)

・常緑ヤマボウシ(無理して庭のバランスをとるために冬にも葉が落ちない常緑ヤマボウシを植えてみましたが,冬に葉が紫色の枯れた感じになり,見た目がちょっと…,樹形の綺麗な落葉樹を植えたほうがベターという結論に至りました。)

などの庭木です。

下の写真は自宅の庭の中で,木の購入から植栽まで自分で行ったスペースです。

f:id:yumi0731:20180602215053j:plain

庭木選びや庭木の配置など非常に悩むところですが,楽しんでやってみてください。自分で作った庭程,愛着が湧くものです。

最後まで読んでいただき,ありがとうございました。

このランキングがみなさんの庭木選びの参考に少しでも役に立てば嬉しいです。

これからも庭づくりライフを楽しまれてください。

私もまだまだ楽しんでいきたいと思います。

庭づくりの関連記事
  • 【必見】雑木の庭づくりを演出する/おすすめ庭木ランキングTOP10
  • 【初心者必見】庭木の配置デザイン5つのコツ/雑木風の庭造り
おすすめの記事