【サッカー日本代表】予選リーグ1位上がりと2位上がり正直どっちが組み合わせがいいの❔/勝手に考察

サッカーに限らず「予選リーグ2位上がりのほうが決勝トーナメントの組み合わせが良いんだよなぁ。」という事もたまにありますよね。そこで今回サッカー日本代表がロシアワールドカップで予選リーグを1位上がりのほうが良いのか2位上がりのほうが良いのか勝手に考察してみました。

サッカーワールドカップ2018で,我らが日本代表は前評判こそ低かったもののグループHで2試合終えて,勝ち点4で首位に立ち,決勝トーナメント進出が期待されています。

選手は,全力プレーでもちろん1位通過を目指すでしょうが,正直1位通過と2位通過どちらが決勝トーナメントの組み合わせや試合日程などが良いのでしょうか。

予選リーグを1位通過した場合

決勝トーナメント1回戦:7月4日(水)  3:00~

対戦相手:グループG2位 (ベルギーorイングランド)

もし決勝トーナメント1回戦を勝ったら…

準々決勝:7月7日(土) 23:00~

対戦相手:グループF1位(おそらくメキシコ)とグループE2位(おそらくスイス)の      勝者

予選リーグを2位通過した場合

決勝トーナメント1回戦:7月3日(火) 3:00~

対戦相手:グループG1位 (ベルギーorイングランド)

もし決勝トーナメント1回戦を勝ったら…

準々決勝:7月7日(土) 3:00~

対戦相手:グループF2位(おそらくドイツ)とグループE1位(おそらくブラジル)の勝者

まず,決勝トーナメント1回戦の相手になるベルギーもしくはイングランドですが,力は同じくらいだと私は見ています。そうなると決勝トーナメント1回戦が7月3日(火)にあるよりは1日遅い7月4日(水)にあったほうがリカバリーが少しでもできるので,2戦ほとんど同じメンバーで戦ってきて疲労が蓄積している日本代表にとっては良いと思います。

そして,目標のベスト8に入れた場合,どう考えてもドイツとブラジルの勝者よりは,メキシコとスイスの勝者と試合ができたほうが勝算があると思います。

よって,決勝トーナメント上がってからのことも考えるとやはり日本代表は予選リーグを1位通過したほうが良いと思います。ということは,ポーランド戦は引き分け狙いでなく,リスクマネジメントもしながらになりますが,勝ち点3をとりに行くようなアグレッシブな試合をしてほしいです。

日本代表の今の強みは,相手の良さを消しに行ける戦術理解力の高さや個に頼らない組織的な守備や攻撃にあると思っています。控え選手も先発選手にひけをとらない力を持っているので,ポーランド戦のメンバーには先の事を考えずに1位通過を狙いにいってほしいです。

そして,その先にある悲願のベスト8に向けて遠く離れた日本からサムライブルーの勇姿を応援していきましょう。

文責:園田裕美(Jリーグから海外サッカーまで幅広く観戦。日本代表を熱烈に応援する自称サッカー通)

スポーツの関連記事
  • 【ベルギー戦 採点】サッカー日本代表 ロシアW杯/原口と乾のゴールで2点先制も逆転負け
  • 【ポーランド戦 採点】サッカー日本代表 ロシアW杯/0-1で敗戦も辛くも決勝トーナメント進出
  • 【サッカー日本代表】予選リーグ1位上がりと2位上がり正直どっちが組み合わせがいいの❔/勝手に考察
  • 【決勝トーナメント1回戦はいつ❔】サッカーW杯2018日本代表/決勝トーナメント日程
  • 【セネガル戦 採点】ロシアW杯サッカー日本代表/2-2で引き分け,何とか勝ち点1をもぎ取る。
おすすめの記事